MYP5 UINT1「地理レンズ」からみる歴史探究(歴史的背景と人々の生活)5

MYP5年次(高等部1年)社会科は、新教育課程である「地理総合」と「歴史総合」を組み合わせた、『「地理レンズ」からみる歴史探究』をテーマに学習を進めます。
「研究課題の説明」
生徒は、「AJSS historical geography調査団」の一員として、地理的要素をふまえた歴史的背景に伴う事象を調査・検証する人物である。生徒は、日本と世界の諸地域間での社会的事象について、地理的要素をふまえた歴史的背景を調査する。様々な歴史的背景が人々の生活文化にどのように影響を与えたのかを、多面的・多角的に考察しなければならない。

本日4・5限 
Step2「地理的要素からみる歴史考察」
「ウクライナ情勢からみる地理・歴史探究」
 ロシアによるウクライナ侵攻について、「なぜ今」「どのようにして」「何を目的に」行われているのか等への疑問を考察します。
Microsoft PowerPoint - 01 MYP5個人と社会2022-01
Microsoft PowerPoint - 01 MYP5個人と社会2022-02
Microsoft PowerPoint - 01 MYP5個人と社会2022-04
Microsoft PowerPoint - 01 MYP5個人と社会2022-05
【GW課題】インフォグラフィックスレポート
「ロシアがウクライナにこだわる理由」について、考えられる地理的要因(要素)から考察する。
5月7日(土)提出
・選んだ地理的要素は何か、その視点からわかったこと。
・どの情報源を活用したのかを明示すること。(書籍・ジャパンナレッジschool)
CIMG0126CIMG0125CIMG0124CIMG0123CIMG0122CIMG0121CIMG0118

→各自、Classroom配信の参考資料や関連書籍、ジャパンナレッジSchool等を活用して、生徒各々が考える地理的要素から考察しています。また、複数の地理的要素を組み合わせて、より発展的な考察へとつなげてほしいと思います。